環境への取り組み

中沢グループ環境方針

環境基本理念

中沢グループは、経営理念である「製品の安全と品質保証をすべてに優先する」「食を通して社会に貢献する」「お客様に限りなくより近く」「働くことが楽しい職場づくり」を基調として業務に励む中、地球環境の保全、環境型社会への適応に努めることが、企業にとって大切な活動であることを常に自覚する。そして、地域社会・自然環境へ配慮した意識を日々高め、資源の効率的な活用と再利用に関心をおき、廃棄物を低減することに努める。

わたしたちの活動を二つの標語

1. 地球を大切にしよう。「人間と自然の共生」
2. エネルギーを節約しよう。「地球環境保全の向上」で表し、全社員の気持ちを一つにしてこの活動を進めていく。

基本方針

汚染の予防に関する約束

地球温暖化、自然災害、放射能汚染、オゾン層の破壊、有害化学物質による汚染など地球環境を取り巻く問題を真摯に受け止め、企業活動の各段階での環境負荷の低減と地球環境の汚染防止に努める。環境目的、目標を定め、改善プログラムを策定・実施し、定期的にその達成状況を確認して、システムの見直しを図り、環境保全のための継続的改善に努める。

継続的改善への約束、環境目的および目標設定

(1)環境に配慮した事業活動を行う。
(2)大気汚染防止対策および地球温暖化対策を積極的に推進する。
(3)廃棄物発生量の削減、再資源化(リサイクル)などを推進する。
(4)省資源・省エネルギーとグリーン購入を推進する。
(5)地域社会の一員として緑化、美化活動の取り組みおよび社会貢献活動を積極的に進める。

法規制などの順守の約束

事業活動に関わる環境関連の法律・法規・協定などの要求事項を順守し、自主管理基準を設定し、一層の環境保全を図る。

教育啓蒙活動

環境に関する社内教育、広報活動を行い、環境方針の理解を徹底し、一人ひとりの環境保全に関する意識の向上を図る。

環境方針開示の約束

この環境方針を広く一般に開示するとともに、一般の人々からの要求に応じ、この環境方針を提供する。

2018年2月1日
中沢乳業株式会社 代表取締役社長
中澤 謙次

組織の役割、責任及び権限

最高経営者は、関連する役割に対して、責任及び権限を割り当て、組織内に伝達することを確実にする。

推進組織

当社はISO14000システムを取得し、環境保全に積極的に取り組んでおります。

ISO14001:2004

中沢乳業株式会社 平成18年認証取得
中沢情報株式会社 平成20年認証取得
中沢建物株式会社 平成20年認証取得

ISO14001:2015

中沢乳業株式会社 令和元年認証取得
中沢情報株式会社 令和元年認証取得
中沢建物株式会社 令和元年認証取得

●環境マネジメントシステムの推進

◆EMS推進体制
◆ISO14001認証取得
◆ISO14001:2015年版の運用
◆環境法令の遵守
◆環境監査体制
◆環境教育
◆環境保護活動
・事業所周辺の清掃活動
・ビーチクリーンアップin城南島

●ISO勉強会風景

●城南島ビーチクリーンアップ

●新橋本社定期清掃