沿革

NAKAZAWAは創業以来、一世紀を超える長きにわたり、生クリームを中心とした業務用乳製品を提供してきました。
高度な技術で開発したオリジナル製品は、厳しい「食」のプロからも厚い信頼を受け、現在の業務用市場をリードしています。
特にライフスタイルの多様化・個性化が進み、食生活においてもヘルシー志向やナチュラル志向に加え、「食」の楽しさを追求する傾向がますます高まっています。

NAKAZAWAは市場環境の変化を鋭く捉え、今日まで培ってきたノウハウを活かし、
業務用市場の拡充はもちろん、一般消費者市場への進出も積極的に展開しています。
お客様との密接な情報交換を通じて高品質な乳製品の開発を行っていくという、
いわば“お客様との「協創」の製品づくり”を進めています。

明治初年 初代中沢惣次郎個人で現新橋駅前に牧場を営む
昭和27年 法人を設立、商号を中沢牛乳株式会社とする
昭和35年 乳酸菌培養製法による「サワークリーム」の製法特許を取得
昭和37年 東京都杉並区和田に生クリーム専門工場(杉並工場)を建設、 併せて同所に衛生技術研究所を設置
昭和39年 商号を中沢乳業株式会社に変更
昭和62年 製造部門を中沢フーズ株式会社、販売部門を中沢販売株式会社として分社
昭和63年 CI(コーポレート・アイデンティティ)を導入、新経営理念の確立と同時に 新しい表示システムを採用
平成6年 「中沢クロテッド」を製造・販売開始
平成8年 神奈川県藤沢市に湘南工場を建設、同所に杉並工場を全面移転
平成10年 大阪市淀川区に関西営業所を開設
平成12年
  1. 湘南工場クリーム製造ラインがHACCP(総合衛生管理製造過程)の厚生大臣承認を受ける
  2. 東京都大田区城南島に城南島物流センターを建設
  3. 湘南工場が品質管理システムの国際規格ISO9001の認証を取得
平成14年 湘南工場がAIB(アメリカ製パン研究所)食品安全衛生プログラム達成証書を取得
平成15年 中沢情報株式会社を設立
平成18年 中沢フーズ・中沢乳業が環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得
平成27年 中沢乳業が仙台営業所を開設
平成29年 中沢乳業と中沢フーズが合併、商号を「中沢乳業」とする