さくらのロールケーキ

しっとりした米粉のスポンジに桜あんと桜風味のクリームを塗って巻き上げた、春にぴったりのロールケーキです。使用するクリームは、桜風味が強調され過ぎないように、乳風味の強い高脂肪タイプのクリームがおすすめです。

材料(29cm×29cmの天板1本分)

100g
桜あん
3個
卵(Mサイズ)
70g
グラニュー糖
5g
はちみつ
50g
米粉(製菓用)
20g
バター(食塩不使用)
20g
グラニュー糖
10g
桜の花の塩漬け(花部分のみ)
10ml
桜リキュール



作り方

★準備★
・桜の花の塩漬けは塩を洗い流し、水に1~2時間さらして塩気を抜き、キッチンペーパーで水気をしっかりとって分量用意する。
・生クリーム以外の材料は全て室温に戻す。


★作り方★
【1】ボウルに卵を入れ、泡立て器で溶き混ぜる。グラニュー糖を加え混ぜ、湯煎にかけながら泡立て器で泡立て、人肌よりも熱くなったら湯煎から外し、ハンドミキサーの高速で白っぽくもったりするまで泡立てる(生地をすくいあげると、泡立てワイヤーの中に生地が一瞬こもり、それからゆっくり落ちる状態)。
【2】湯煎で柔らかくしたはちみつを加え、低速に落とし、1分ほど生地のきめを整える。
【3】(2)にふるった米粉を入れ、粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜる。
【4】溶かしたバターに(3)の生地をひとすくい入れ、泡立て器でよく混ぜてから③に戻し、ゴムベラで生地にツヤがでるまでしっかりと混ぜる。
【5】更紙を敷いた天板に生地を流してカードで平らにならす。天板の底を手で叩いて余分な気泡をぬき、190℃のオーブンで約10分焼く。焼き上がったら焼き縮みを防ぐために底を手で叩いてショックを与えて取り出す。
【6】焼きあがったスポンジは板等にのせてすぐに更紙の立ちあがり部分を外し、乾燥しないように更紙をかけてそのまま冷ます。
【7】生クリーム、グラニュー糖、桜の花の塩漬け、桜リキュールをボウルに入れ、氷水にあてて8分立てに泡立てる。
【8】スポンジの上部の焼き色を包丁と手を使ってはがし、更紙をはがす。新しい更紙の上に焼き色をはがした面を上にしてのせる。
【9】(8)に桜あんをパレットナイフで全体に薄く塗り広げる。⑦をのせ、巻き終わり部分が薄くなるように塗り広げ、手前の更紙を持ち上げて生地を少し巻く。そのまま紙をもちあげながらくるくると巻く。形を整え、更紙の左右の端を折り込み、冷蔵庫に30分以上入れ、生地とクリームをなじませる。
【10】端を切り、好みで粉砂糖・桜パウダー(分量外)をふんわりとふる。


【レシピ制作:下迫 綾美 氏(菓子専門フードコーディネーター)】